top of page

初心にかえる

4月になりましたね。

鍼灸院へ向かう途中でフレッシュな人々とすれ違うと心の中で応援しております。


さて、初心にかえる。


本日、これが届きました。




2月に、

厚生労働省認知行動療法研修事業

『コミュニケーション研修 基本編(オンデマンド研修)』

をうけておりました。


さらに3月は、

国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター主催 『対人援助職・学生向け 医療・福祉現場で役立つ基礎知識』 『慢性痛に対する認知行動療法研修』 この研修もうけておりました。 (無事に修了証をいただいております) 医療業界の進化や発展は目覚ましく、5年前の知識は古くなることも有ります。 その中で、真新しいことに飛びつきたくなる気持ちを抑えつつ、

堅実に出来ることを確実にカタチにしていきたいと思い、

今回研修に参加させていただきました。

私が以前受けた研修内容とは、かなり内容が深く充実度が増しており、

学びや気づきが多い時間でした。 特に、いち医療者の前に、

ひとりの個人としての私というモノを私自身が分かっていること、 その上で、医療者としての私が有り、 さらに、それがあってこそ専門的な知識や技術が成り立つ。

それに繰り返し気付かされました。 当たり前のことなのですが、 改めて、腑に落ちしております。 初心にかえる。 今は、その言葉がピッタリしております。


bottom of page